分子栄養学(オーソモレキュラー)

しん研良院便り

しん研良院便り~マグネシウム不足

手技療法の施術院に訪れる方の中には、手技によい反応を示してくれないケースもあります。 そういった場合、生活習慣の問題が背景にあることが多いです。 ・睡眠の問題…夜更かしをして概日リズムを狂わせている、夜勤をしている、睡眠障害がある ...
一般

肉と野菜のバランス~1:3

プレジデントオンラインより要約 __________________________ 日々の食事は腸内環境にどのように影響するのか。「ウンチ博士」として知られる辨野腸内フローラ研究所の辨野義己理事長は「肉だけを食べ続ける調査では...
分子栄養学(オーソモレキュラー)

胸焼け(逆流性食道炎)について

まず、ルークス芦屋の城谷Drのブログより。 _______________________ 「逆流性食道炎と低胃酸症」 逆流性食道炎は、食生活の欧米化に伴い日本人も胃酸の量が増え、胃酸が食道に逆流することで食道に粘膜障害を起こ...
分子栄養学(オーソモレキュラー)

胃薬の副作用・・・プロトンポンプ阻害剤と感染症

ネキシウム、タケキャブなどのPPI(ポロトンポンプ阻害薬)という逆流性食道炎や胃薬を長期使用する副作用について。 結論から言うと、タンパク質やビタミンB12,マグネシウムなどの栄養素の消化吸収不良と病原菌の胃酸による殺菌不良などによって、...
分子栄養学(オーソモレキュラー)

高血圧について

高血圧について、厚労省のレポートよりまとめ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 特に関連の深いエネルギー・栄養素 ) ・栄養素摂取と高血圧との関連について、 肥満を介する経路と介さない経路がある。 ・ナ...
分子栄養学(オーソモレキュラー)

摂食障害による栄養不足は脳に大きな影響を与える

摂食障害による栄養不足は脳に大きな影響を与える…MRI画像で判明。治療による体重増で回復が可能 Rachel Hosie Jun. 21, 2022 [原文:A new brain imaging study shows what...
分子栄養学(オーソモレキュラー)

メモ

トンプソンさんからの情報より。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スパイクたんぱく質の阻害剤や中和剤・・・松葉、西洋ウツボグサ(Prunella vulgaris)、イベルメクチン、ニーム、エモディン(Emo...
一般

身体のコンディションをベストにするために

今年一年の計、「体調管理」。 もっと具体的に言うと、 「脳と体のコンディションを良い状態に保つ」。 以下、自戒の念を込めて・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ゴルフをやっていて後半にインナーマッスルの弱化を感じる...
分子栄養学(オーソモレキュラー)

グルタチオンについて

グルタチオンの働きとは? グルタチオンは細胞を損傷から守るだけでなく、有害物質の解毒も助けてくれます。 その研究の歴史は100年にも及び、10万本を超える科学論文によって、細胞の正常な機能と免疫系の健康を維持し、老化のプロセスを遅ら...
生理学

検診の良い利用の仕方

検診をどう利用するか? 病院任せで、医師の言われたとおりするのか、自分でうまく利用して根本的な健康を維持していくのか。 医師の田頭先生の「たがしゅうブログ」より参考となる情報をまとめておきます(省略、太字などの加工をしています)...