Q&A|奈良県 香芝の整体カイロなら患者様の支持率が証明するしん研良院|整体|

(目次)
Q1:事前相談について____メールアドレス cdrng909@ybb.ne.jpに・・・・
Q2:痛い施術、怖い施術、電気施術のぴりぴりなど、してもらいたくない施術があるのですが・・・
Q3:施術回数や通院の目安について____軽い症状なら・・・・
Q4:手技療法について____カイロ、整体、整骨院の違い
Q5:施術後の注意点について____リンパやお腹の施術後は、水を・・・・
Q6:身体の状態、適応症について____熱のある場合は・・・
Q7:服装について___軽装で・・・・。更衣室、着替えあります。
Q8:待合スペースについて___DⅤD、読み物、飲み物などあり・・・

Q1:事前相談について
メール相談の場合・・・以下の内容をできるだけ詳しく書いてください。
・日常の動作内容(座り仕事、主婦業など)、打撲・事故歴、使用中の薬剤、スポーツ歴など
・「どのような動きで、どこが、いつから、どの程度」痛むのかについて
・その他・・・住所(市町村程度で可)、お名前(名字だけでも可)など
・疑問点があれば、どのようなことでも書き添えてください
・メールアドレス cdrng909@ybb.ne.jp  しん研良院 栃谷まで

Q2:痛い施術、電気施術のぴりぴりなどは苦手なのですが・・・
①少し痛い施術はありますが、ものすごく痛いのを我慢して行う施術はありません。
②骨格矯正で音の鳴るタイプのものもありますが、そういった強い矯正をぜひとも必要とするケースは少ないものです。
⇒通常は、クラック音(ポキッの音)の鳴らないタイプの矯正を行います。・・・骨格矯正には、様々な方法があります。
③事前に問診票で、施術時における希望をお聞きしますので、施術で嫌な思い、つらい思いをすることはありません。
⇒カウンセリングで次のような問診票の記入があります。
(例1)希望されない施術はありますか?□電気施術 □音の鳴る骨格矯正 □その他___
(例2)苦手な施術部位はありますか?□腹部(内臓) □顔 □腋(わき) □肋骨周り □その他__

Q3:施術回数や通院の目安について
症状の説明や改善の見通しなどをお伝えし、来院頻度などの提案をさせていただきます。
症状によって、一度で痛みの取れるケースから数日に一度数週間来なければならないケースまで様々です。
クライアント様自身が十分に納得されてから、次回来院日を決めていただいております。

Q4:手技療法について
当院の施術は、カイロプラクティックを中心に、オステオパシーなどの各種理論技術を取り入れています。
また、必要に応じて電気や温熱などの物理療法も加えます。

(カイロプラクティックについて)
カイロプラクティックは科学的な根拠に基づいた手技療法です。
WHO(世界保健機関)が、代替医療で慢性疾患に効果ありと認めているのは、カイロプラクティックと鍼灸です。
欧米諸国では、最初に行く医療機関のひとつとしてカイロプラクティック院を考えます。
海外のプロスポーツ選手の多くも、カイロプラクティックの施術を受けますし、トレーナーとしてカイロプラクターを帯同させることもあります。
しかし、日本ではまだカイロプラクティックというと「背骨や骨盤をぼきぼき矯正するところ」とか「どこに行っても治らなかった人が最後の手段として行くところ」といった位置づけかもしれません。
(整体について)
整体は、日本古来の武術の流れをくむ身体修正法や中国の伝統医学、欧米のオステオパシーなどの技術を先人たちが組み合わせた手技療法す。
各種流派がたくさんあります。ボキボキするものから無痛のものまで、施術内容は様々です。
(オステオパシーについて)
オステオパシーもカイロプラクティックもともにアメリカで生まれた手技療法です。
オステオパシーは、今から140年ほど前に医師によって創始されました。
内臓、末梢神経、膜組織の施術方法など様々なテクニックがあります。

(保険を使えますか? )
カイロプラクティックでは、保険を使う事が出来ません。

Q5:施術後の注意点は?
水分として、お水を施術後、少しずつ飲まれるとよいです。
コーヒーやお茶などのカフェイン飲料、ジュース、アルコールなどは、ふさわしくありません。
リンパや内臓、筋肉の施術後は、老廃物を尿や便として排出させる作用が働きます。そのとき、体内には十分な水分が必要です。
これを怠ると、翌日体がだるくなったりします。
②患部に炎症のある場合、入浴して患部を温めると痛みがひどくなります。入浴してはいけない場合は、お伝えします。

Q6: 身体の状態・適応症について
・食事をして2時間以上たってから 施術を受けられるのが望ましいです。
・熱があるなどの場合には、ご相談ください。
(不適応症)
感染症、悪性腫瘍、緊急の手術を必要とする病気
骨折や靭帯の損傷、筋肉の完全断裂など

Q7:服装について
骨格や筋肉、神経、内臓のわずかな問題を触診しますので、ジーンズやセーターのような厚手の衣服では、異常を見逃してしまう可能性があります。
施術時はなるべく軽装でお願いします。お着替え用の更衣スペースもあります。
ジャージやTシャツのご用意もあります。
当院では頭の下に薄いフェイスペーパーを敷いて施術しますが、その代わりにタオルを持参されても結構です。

Q8: 待合スペースについて・・・
お友達連れ、お子様連れの方もいらっしゃいますが、待合場所には雑誌などがあり、ゆっくりお待ちいただけると思います。
アンパンマンなどの各種DVD、おもちゃ、おやすみできる場所などもあります。
飲み物や食べ物、お気に入りのDVDなどを持参されても結構です。